banner

保育士の就職活動はまず園見学へ行ってみるのがおすすめ

保育士資格を持っていれば幅広い職場で働くことができます。
病院内の保育室や病児保育所、ベビーシッターや託児施設などがありますが、やはり一番多いのは保育園です。
保育園で働く保育士になるために、保育士の就職活動を考えている人も多いと思います。
世の中にはたくさんの保育園があります。
保育園と一言で言っても、私立と公立の違いからはじまり様々な違いがあります。
特色としても音楽や体育に力を入れている園や家庭的な雰囲気を大切にしている園など、園や施設によっても保育に対する考え方や方針、規模など様々です。
自分に合った就職先を見つけるにはまず情報を集めることが大切です。
情報を集めるには園の情報誌やホームページを見るのが一番シンプルな方法ですが、見ているだけではなかなか想像し辛いものです。
そこで、その園の雰囲気をつかむために有効な方法は直接園見学へ行ってみることです。
就職希望者などに園見学を受け付けていることが多く気軽に行くことができるので、気になった園をいくつか見学し比較しながら考えてみることもできます。
園見学をするにはまず園へ直接連絡をします。
連絡する時間帯は13時から15時頃がおすすめです。
13時から15時頃は子どもたちはお昼寝の時間帯である事が多く、1日の中で比較的落ち着いている時間帯である事が多いからです。
保育園側の行事や都合なども考慮しながら日程を決めることが大切です。
実際に園を訪れ子どもたちが過ごしている空間を見ることで園の様子をよりリアルに知る事ができます。
時間帯によっては子どもたちの活動の様子を見ることができる可能性もあります。
園全体の雰囲気はもちろん職員間の雰囲気を見ておくのもポイントです。
保育士として長く働くことができる職場を探すには自分の長所を生かすことができる、自分にあった園を見つけることが大切です。
自分にあった園を探すために園見学へ行ってみるのも重要な就職活動の一環です。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.
Sitemap